犬はトマトを食べても大丈夫?アレルギーには気をつけて!

トマトが入ったドッグフードってありますよね。

 

ウチの愛犬が食べているドッグフードにも、トマトが入っています。

 

ドッグフードに入っているぐらいだから、普通に犬はトマトを食べても大丈夫だと思いますよね。

 

でも、生のトマトやトマトジュースは、食べたり飲んだりしても大丈夫なんでしょうか?

 

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

犬にトマトを与えるメリットは?

ヨーロッパでは、「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど、健康効果が高いといわれるトマトですが、結論を先に書くと、犬はトマトを食べても大丈夫です。

 

そして、トマトといえば、リコピンといわれるぐらいに、リコピンは有名な成分ですよね

 

リコピンは、強力な抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。

 

リコピンには、ストレスや運動などで発生する活性酸素を除去する働きがあり、血液の改善作用や老化予防、肥満を予防する効果が期待できるといわれています。

 

また、トマトの皮に多く含まれるポリフェノールのケルセチンも、高い抗酸化作用があり、血管を丈夫にするはたらきや動脈硬化の予防効果が期待できるといわれています。

 

さらに、トマトに含まれる「13-oxo-ODA」という脂肪酸は、脂肪を燃焼させる効果が期待できるといわれています。

京都大学(京大)は2月10日、脂肪肝や高中性脂肪血症などの脂質代謝異常の改善に有効な新規成分「13-oxo-9,11-octadecadienoic acid(13-oxo-ODA)」をトマトから見出し、肥満マウスを用いた実験で顕著な改善効果を得られたと発表した。研究は、京大農学研究科の河田照雄教授(生理化学研究ユニット兼任)および金英一同研究員らと、かずさDNA研究所の柴田大輔部長(生存圏研究所客員教授)、日本デルモンテ、千葉県農林総合研究センターとの共同研究グループによるもので、成果は米オンライン科学誌「PLoS ONE」に日本時間2月10日に掲載された。

 

特に、「13-oxo-ODA」は、トマトジュースに多く含まれているそうです。

リコピンを効果的に摂取するには?

犬への健康効果が期待できるトマトですが、トマトに含まれるリコピンは、生のトマトの時には「トランス体」としてリコピンが存在しているそうです。

 

研究によれば、「トランス体」として存在しているリコピンを「シス体」に変えることで、体内への吸収が高まり、より健康効果が得られるそうですが、「トランス体」を「シス体」に変化させるには、油と一緒に加熱すれば良いそうです。

 

犬の健康を考えれば、少量の油ということになりますね。

犬にトマトを与える注意点は?

トマトといえば、真っ赤な熟したトマトを連想しますが、未熟な青いトマトやヘタにはトマチンという毒性成分(アルカロイド配糖体)があります。

 

この毒性成分のトマチンは、トマトが完熟するにともない減少していきますが、大量に食べると嘔吐や下痢になるといわれています。

トマチンの毒性は、マウスの腹腔内に投与したときの半致死量(LD50)が32 mg/kgであり、これを単純に50 kgのヒトに換算すると、半致死量は1600 mg(1.6 g)になります(マウスとヒトで効果が同じかどうかはわかりませんが)。この量は完熟果実では、4000 kg (4 トン!)、熟した青い果実では、33 kg、未熟果実では3.4 kg、に相当します。中ぐらいの大きさのトマトは約100 gですから、未熟果実でも34個を一挙に食べないと半致死量には達しません。通常、そのような場合は考えられません。

出典 一般社団法人 日本植物生理学会

 

飼い主の方も、トマトを愛犬に与えるにしても、大量に与えるということはしないでしょうから、それほど心配するようなことではないかも知れませんね。

 

また、トマトは体を冷やす野菜といわれていますし、トマトの皮や種は消化に悪いので、愛犬が下痢しないように、トマトの皮や種は取り除いた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

トマトジュースは?

「13-oxo-ODA」はトマトジュースに多く含まれていますが、食塩や添加物が入っているものは避けた方が良いでしょう。

花粉症の犬は気をつけて!

私もスギ花粉症があるのですが、スギ花粉症の犬が生のトマトを食べると、アレルギーの症状を起こす可能性があります。

 

スギとトマトは、アレルギーの原因となる構造が非常に似ているそうですよ。

最後に

ドッグフードのメーカーも、トマトの持つ抗酸化作用に着目して、ドッグフードに配合しているのでしょうね。

 

飼い主の方も、愛犬の健康状態に注意してトマトを与えてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました