犬は玉ねぎを食べたら、なぜダメ?もし食べたらどうなる?

カレーやシチュー、ハンバーグ、味噌汁、サラダなど多くの料理で使われる玉ねぎは、硫化プロピルやケルセチンが含まれた食材です。

 

硫化プロピルは血流を改善する効果や疲労を回復する効果が期待でき、ポリフェノールの一種であるケルセチンは生活習慣病の予防効果や血流を改善する効果が期待できるといわれています。

 

人間にとっては、健康効果が期待できる玉ねぎですが、犬にとっては玉ねぎ中毒のリスクがある食材!

 

でも、何で、犬は玉ねぎを食べてはダメなんでしょうね。

 

また、同じ玉ねぎでも生はダメで、加熱すれば大丈夫なんでしょうか?

 

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

犬が玉ねぎを食べてはいけない理由とは?

犬が玉ねぎを食べてはいけない理由は、玉ねぎに含まれるアリルプロピルジスルファイドが、玉ねぎ中毒を引き起こすからと、少し前はいわれていました。

 

しかし、現在は、アリルプロピルジスルファイドではなく、有機チオ硫酸化合物という物質が玉ねぎ中毒を引き起こす要因というのが主流になっています。

 

人を含め、すべての脊椎動物の血液の中にある赤血球には、酸素を全身に運搬するという役割を担うヘモグロビンがありますが、玉ねぎに含まれる有機チオ硫酸化合物は、ヘモグロビンを酸化させて、ハインツ小体と呼ばれる厄介なものを作りだしてしまうそう。

 

このハインツ小体があることで、赤血球は壊れやすくなるそうですが、ハインツ小体により赤血球が破壊され、通常の状態より赤血球が少なくなると、貧血を起こしやすくなります。

 

ちなみに、この貧血のことをハインツ小体性溶血性貧血と呼ぶようです。

 

つまり、玉ねぎ中毒とは、玉ねぎに含まれる有機チオ硫酸化合物により、赤血球内にハインツ小体が作り出され、ハインツ小体があることで赤血球が破壊され、貧血になるということらしいです。

 

また、有機チオ硫酸化合物は、玉ねぎだけではなく、長ネギ、ニンニク、ニラなどのネギ類にも含まれていて、加熱しても分解されないという性質があります。

 

玉ねぎやニンニク単体だけでなく、それらを加熱調理したすき焼きやシチュー、ハンバーグ、肉じゃがなどは、犬に食べさせない方が良いということでしょうね。

玉ねぎ中毒の症状とは?

犬が玉ねぎ中毒になると、元気がなくなったり、心臓の鼓動が早くなったり、嘔吐、下痢、血尿が出ることがあります。

 

一般には、犬の体重1㎏に対して、15g~20gの玉ねぎで中毒症状が出るといわれていますが、個体差があり、中毒症状が出ない犬もいるようです。

玉ねぎ中毒の予防と処置は?

犬に、玉ねぎ中毒を起こさせないようにするには、犬に玉ねぎなどのネギ類を食べさせないようにするしか方法がありません。

 

玉ねぎなどのネギ類を調理するときは、犬をキッチンに近づかせないようにする、玉ねぎなどのネギ類を使った料理を食べる時は、犬が食卓に上らないようにする、拾い食いしないようにしつけをするなどの対策を立てる必要がありそうです。

 

そして、もし、犬が玉ねぎ中毒になってしまったら、早急に動物病院に行った方がよいでしょう。

 

家庭で、玉ねぎなどのネギ類を吐かせることができれば、一番良いのでしょうが、中々むずかしいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

・玉ねぎ中毒の原因物質は、玉ねぎに含まれる有機チオ硫酸化合物

・有機チオ硫酸化合物が赤血球内のヘモグロビンを酸化させ、ハインツ小体を作り、そのハインツ小体によって赤血球が破壊され、赤血球が少なくなることで、玉ねぎ中毒(ハインツ小体性溶血性貧血)になる

・有機チオ硫酸化合物は、玉ねぎだけでなく、他のネギ類にも含まれている

・有機チオ硫酸化合物は、加熱しても分解されない

・犬の体重1㎏に対して、15g~20gの玉ねぎで中毒症状が出るといわれるが、中毒症状の出ない犬もいる

 

犬が玉ねぎ中毒にならないように、飼い主は注意が必要です。

 

もし、玉ねぎ中毒の症状が飼い犬に見られたら、早急に動物病院で診てもらいましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました