犬はキャベツを食べても大丈夫?結石のリスクって本当?

 

小型犬を飼っていると、体重が気になりますよね。

 

体重が増えると、足に負担がかかるので、飼い主としては体重管理も重要な役目なんですが、我が家で飼っている犬は、あいにく散歩が好きではありません。(笑)

 

このため、体重管理する場合は、ドッグフードの量を調整しています。

 

といっても、ドッグフードを減らすだけだと、お腹が空いてしまうので、キャベツでかさまししています。

 

でも、犬はキャベツを食べても大丈夫なんでしょうか?

スポンサーリンク

犬はキャベツを食べても大丈夫!

犬はキャベツを食べても大丈夫なの?と不安に思われる方もいると思いますが、結論から先にいううと、食べても大丈夫のようですよ!

 

犬って結構、チョコレートがダメ、ネギがダメとか色々気を付けなければいけない食材がありますが、我が家のワンコを診てもらっている動物病院の先生に、「ダイエットのため、フードを少なくして、キャベツでかさまししても大丈夫ですか?」と聞いたら、大丈夫って回答をもらえました。

 

また、動物病院の先生だけでなく、インターネットでも調べてみましたが、こちらも、大丈夫というのが大勢を占めていました。

でも、キャベツで結石のリスクが…

キャベツには、免疫機能を高めてくれるビタミンC、腸内環境を整えてくれる食物繊維、胃腸の粘膜を保護してくれる働きがあるビタミンUといった豊富な栄養素が含まれています。

 

また、カロリーも低いので、まさにダイエットには最適な食材なんですが、シュウ酸も多く含まれているので、注意が必要ですよ!

 

シュウ酸は、キャベツの他にもほうれん草やレタス、バナナ、コーヒーや紅茶などにも含まれていて、腎臓に入ると、カルシウムと結びついてシュウ酸カルシウムとなり、それが結晶化することにより、結石となってしまいます。

 

その結石が尿道や尿管に詰まると、尿を排出することが困難になるため、キャベツの与え過ぎには注意しましょう。

 

また、キャベツには甲状腺ホルモンの生産に必要なヨウ素の吸収を邪魔するゴイトロゲンが含まれているそうです。

 

ゴイトロゲンは、ブロッコリーや小松菜、大根、白菜などのアブラナ科の野菜に含まれているので、こちらも気をつけたいですね。

キャベツは生で与えるのがいいのか、それともレンチン?

我が家では、犬にキャベツを与える時は、細かく切って、レンジでチンして少量を与えるようにしています。

 

また、キャベツの芯は土から吸い上げた農薬が残りやすいそうなので、芯は捨て、茹で汁は捨てるようにしています。(シュウ酸は水に溶けやすく、茹で汁にシュウ酸が溶け出ているため)

 

ビタミンCは熱に弱いというのは、よく知られていますし、生の方が栄養が失われていないので、良さそうに思えますが、ドッグフード自体、栄養バランスが優れたものだし、キャベツはかさましとして与えているので、キャベツから栄養を摂らなくてもいいと思います。

 

そして、生のキャベツを与えると、消化に悪いというのもありますよね。

 

細かく切って、レンジで加熱処理することで、犬の胃の負担を減らせるということです。

スポンサーリンク

まとめ

・犬はキャベツを食べても大丈夫

・キャベツには、シュウ酸が多く含まれているため、結石のリスクがある

・キャベツには、ゴイトロゲンが含まれているので、与え過ぎは注意!

・キャベツの芯は残留農薬のリスクがあるので捨てる

・キャベツを茹でる(加熱する)ことで、茹で汁にシュウ酸が溶け出すため、茹で汁は捨てる

・キャベツを細かく切り、茹でる(加熱する)ことで、犬の胃の負担を減らせる

 

キャベツは、犬にとっても食べても大丈夫な食材で、かさましとしても便利な食材です。

 

でも、飼い主として、注意が必要な点もいくつかあります。

 

愛犬の体重管理に、キャベツを有効に使いましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました