犬はブロッコリー(ブロッコリースプラウト)を食べていいって本当?

 

ブロッコリーの入った「犬用のおやつ」ってありますよね。

 

ウチでも、動物病院で販売しているチーズとブロッコリーの入った「犬用のおやつ」を、たまに購入して、愛犬に食べさせています。

 

ウチの愛犬も、その「犬用のおやつ」が大好きです。

 

でも、「犬用のおやつ」に入っているブロッコリーは加熱処理しているから大丈夫なのでしょうが、生のブロッコリーやブロッコリースプラウトって、犬が食べても平気なんでしょうか?

 

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

犬はブロッコリーを食べていいけれど…

ブロッコリーは地中海原産のアブラナ科の野菜で、ビタミンCやビタミンK、βカロテンなどのビタミン類、カリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富な野菜です。

 

アブラナ科の野菜といえばキャベツやダイコンなどがありますが、以前に紹介したキャベツは食べても大丈夫な野菜です。

 

では、キャベツと同じアブラナ科の野菜であるブロッコリーは、食べても大丈夫な野菜なのでしょうか?

 

結論を先に書くと、犬はブロッコリーを食べても大丈夫です。

 

ブロッコリーには、抗酸化力があり免疫力を高める効果が期待できるビタミンC、出血している血液をとめる効果があるビタミンK、抗酸化作用や解毒作用があるスルフォラファンなどが含まれています。

 

また、ブロッコリーに含まれる不溶性食物繊維は適度に食べれば、腸内環境を整えてくれるはたらきをしてくれます。

 

しかし、ブロッコリーは同じアブラナ科のキャベツと同様に、シュウ酸が含まれているので、腎臓に入ると、カルシウムと結びついてシュウ酸カルシウムとなり、それが結晶化することにより、結石となる可能性があります。

 

また、ブロッコリーに含まれるグルコシノレートという成分は、体内に入ると、甲状腺ホルモンの生産に必要なヨウ素の吸収を邪魔するゴイトロゲンに変わるので、ブロッコリーを過剰に犬に食べさせると甲状腺の機能を低下させるリスクがあります。

 

その他にも、体内でビタミンAに変換されるβカロテンは、抗酸化作用や粘膜を健康に保つ効果が期待できますが、過剰に摂取すると腎臓などのトラブルを引き起こすこともありますので、食べ過ぎには要注意ということになりますね。

ブロッコリースプラウトは?

ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽のことで、成熟したブロッコリーに比べ、ファイトケミカルのスルフォラファンが20倍あるといわれています。

 

ただし、スルフォラファンは辛み成分なので、犬が好まない場合もあるようです。

 

また、スルフォラファンは熱に弱い成分なので、細かく切ったりするなどして、生で与えた方がいいようですよ!

スポンサーリンク

アレ犬はブロッコリーを食べても大丈夫ルギーは?

ブロッコリーにアレルギー反応を示す犬もいるようです。

 

ブロッコリーを食べて、体を痒がったり、下痢や嘔吐する場合は、ブロッコリーがアレルゲンとなっている可能性があります。

最後に

ブロッコリーは、レモンの2.5倍といわれるビタミンCや抗酸化作用や解毒作用があるスルフォラファン、βカロテンやビタミンKなど優れた栄養素を持つ野菜です。

 

ただし、犬にとっては、甲状腺の機能を低下させるリスクがあるゴイトロゲン(グルコシノレート)、アブラナ科の野菜に含まれるシュウ酸、腎臓などのトラブルを引き起こす可能性のあるβカロテン、消化に悪い不溶性食物繊維なども含まれています。

 

また、ビタミンCやスルフォラファンなどは熱に弱いので、生で摂取した方が良い栄養素ですが、食物繊維は、犬の腸の負担を考えると加熱した方が良いといわれています。

 

まさに、あちらを立てれば、こちらが立たずという感じですね。

 

そう考えると、飼い主の方の考えがあると思いますが、個人的には無理してまで犬に与える必要はないと思いますね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました